うせもの宿(穂積)あらすじネタバレ|スマホ漫画無料試し読み

うせもの宿(穂積)漫画あらすじ紹介

うせもの宿
>>まんが王国で今すぐ読んでみる<<

 

穂積が贈る感動の和風ファンタジー
うせもの宿
作者:穂積

 

>>【スマホ漫画】うせもの宿|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料で読めます

 

うせもの宿」は穂積・作で2014年から「フラワーズ」にて連載されているファンタジー作品です。

 

原作者の穂積さんは「式の前日」や「さよならソルシエ」で注目を集めていますが、そんな作者の作品としてだけではなく予想を覆す深みのあるストーリーが多くの読者を魅了する理由の一つでしょう。

 

失くしたものが見つかるという不思議な宿を舞台に、子供のような女将と失くしものを求める客たち。

 

それぞれに隠された複雑な人生模様を描いています。

 

ストーリーはもちろん、その繊細な画風が醸し出す独特の儚げな雰囲気も魅力の一つです。

 

(漫画あらすじ)
一人の中年男性___。

 

彼は見知らぬ男に連れられ、桜の咲き誇る宿に案内される。

 

そこは失くしたものが見つかる宿という。

 

しかし、男は失くしたものが思い出せないでいた。

 

仕事にかかりっきりの毎日で頭がはっきりしない。

 

大切な物を失くしたことは分かっている…しかしそれが何か分からない。

 

優しい笑顔の番頭に導かれ、男は宿の中へと足を踏み入れた。

 

宿の中は囲炉裏に鍋がかけられ大正時代か、それよりも更に古いものであることを感じさせる雰囲気であった。

 

そこに現れる着物の少女が一人。

 

ボサボサの頭に不機嫌そうな顔をした少女は「女将さん」と呼ばれていた。

 

口も態度も悪い彼女は男に失せ物を探すのは勝手だが、面倒は起こすなと釘を刺す。

 

女将には程遠い少女を見てやはり、騙されているのでは考える男。

 

仕事も詰まっているし、さっさと帰ろうと宿の者に失くしたものの探し方を問いかける。

 

しかし、誰もが口を揃えてそれは女将に聞いてくれというばかり。

 

困り果てて女将の元を訪れる男だが、彼女は部屋で落書きをしていた。

 

やはりただの子供かと思っているところ、一枚の紙を見せてくる。

 

そこにはただの円が書いており、意味が分からず途方にくれる男。

 

その夜、彼は久々に分かれた妻のことを思い出していた…

うせもの宿|登場人物紹介

会社で課長の職に就いている中年男性。
仕事に忙しく、失くしたはずの大切な何かが思い出せないでいる。

 

マツウラ

メガネで細身、飄々とした雰囲気をまとう謎の男。
失くしものをした客を宿に連れてくる。
宿の中には決して入らず、入口の前で帰ってしまう。

 

女将

宿の女将で少女の姿をしている。
自由人で客相手でも言葉を改めることはしない。
失くした物を探すには彼女の力が不可欠。

失せもの宿に集まる何かを失くしたお客たち

失くしたものが見つかる宿といえばすごく都合のいいところのような気がしますが、そこに集う客は普通の客ばかりではなく…。

 

不思議な失せもの宿と呼ばれる宿に連れられてくる客たち。

 

彼らの失くしたものを探すという短編のお話を通し、少しずつ分かっていく真実。

 

宿に集う客が失くしたものはただの落し物ではなく、人との繋がりや心に関する深いものです。

 

それを思い出させるかのように導いていく女将。

 

彼女はなぜ、少女の姿で女将をやっているのか?

 

不思議な雰囲気の中でそれぞれの客に感情移入してしまい、思わず目頭が熱くなることも。

 

ファンタジーでありながら、人の心に深く訴えかけ大切なものを思い出させるかのような「うせもの宿」

 

最近、忙しくって気持ちがトゲトゲしている方は是非、一度手に取ってみてください。

 

ホッと心が癒される…そんな漫画がここにあります。

>>【スマホ漫画】うせもの宿|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料で読めます

タイトル名 うせもの宿
作者 穂積
配信サイト まんが王国
配信巻数 全3巻完結!
ジャンル 和風ファンタジー